千葉市薬剤師会について

  1. トップページ
  2. 千葉市薬剤師会について
  3. 会長挨拶

会長あいさつ

 千葉市薬剤師会は、平成25年4月1日をもって一般社団法人として再出発しました。 当会は千葉市において薬事・薬業に携わる、または居住する約 600 名の薬剤師をもって構 成されています。「調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする。」と薬剤師法が定めるとおり公益的な事業活動をしております。会員の協力を得て、千葉市立海浜病院において行われている年中一日も休むことなく続けられている千葉市立海浜病院内夜間救急初期診療部および日曜・祭日の昼間行われている千葉市休日救急診療所の調剤業務。小中高等学校等の環境衛生に携わる学校薬剤師業務。そして進行する高齢社会に対応して、千葉市・千葉市医師会・千葉市歯科医師会・訪問看護ステーションを始め多くの関係する団体と緊密な連携のもとに市民の皆様の健康な生活のお手伝いができるよう努めています。

 社会貢献事業として、「まちかどお薬講演会」など市民の皆様の健康で安全な生活のお手伝いができるよう、千葉市薬剤師会は活動しています。

 また、違法ドラッグの乱用が社会問題として大きく取り上げられております。特に最近 は乱用が若年化する傾向があります。千葉市薬剤師会は社会貢献活動の一つとしてさまざ まな薬物乱用防止活動をしています。今年も8月11日(日)には「きぼーる」にて薬物 乱用防止キャンペーンを行います。

 東日本大震災では薬剤師に救援物資として送られた医薬品の管理、適正使用の情報提供、避難所における衛生管理など大変多くの業務が期待されました。いつ起こるかわからない のが災害です。大地震災害などばかりでなく、新型インフルエンザの流行など感染症対策薬の専門家に求められることは数多くあります。千葉市薬剤師会は市民の皆様の期待に応 えられるようよう様々な研修会を行い会員薬剤師の資質向上に努めています。

2013年4月1日

薬局検索

会員専用ページ

入会案内